鹿児島ユナイテッドFC 選手紹介② 八反田康平選手

鹿児島ユナイテッドの選手紹介第2弾です。今回は、背番号21八反田康平選手を紹介したいと思います。八反田選手は地元鹿児島市出身で、高校も鹿児島中央高校でした。

当時から名選手で、年代別代表にも度々選ばれるなど、鹿児島では有名でしたね。U-17ワールドカップにも出場しています。当時の鹿児島中央高校も県でベスト4に入るなど強豪でした。

301 Moved Permanently

高校卒業後は、筑波大に進学します。当時は風間八宏さんが監督で、もともと高い技術が更に高まったのではないでしょうか。特に止める、蹴るという基本的技術には自信を持っていて、せまいスペースでも落ち着いてプレーができるし、ミスが少なく、安定感がある選手だと思います。

2017年には、名古屋グランパスで風間監督のもとで再びプレーし、J1で開幕スタメンをとっています。風間さんの好きなプレースタイルですし、相性がかなり良かったのではないでしょうか。ちなみに、風間監督は川崎フロンターレを優勝候補の強豪に育てた監督です。

話を戻して、筑波大では4年時に背番号10を背負い、ユニバーシアード代表にも選ばれ、優勝を果たしています。大学での活躍はいわずもがな、卒業後は清水エスパルスに入団。2年目には背番号7をつけるなど、期待されていました。しかし、出場自体はそこまで多くはありませんでしたが、随所に光る好プレーがあったように思います。

仙台や大分などいくつか移籍を繰り返して、2019年に名古屋から鹿児島ユナイテッドに加入します。プレースタイル的になかなか目立たないのですが、元日本代表の遠藤保仁選手のようなタイプで、チームの潤滑油的な存在です。テクニックとキープ力は抜群で、パスセンスも高いです。

J1でもプレーしていた選手なので、このカテゴリーではかなり上手いほうですが、フィジカル的にどうしてもケガが多い選手なのかなと感じます。昨年もケガの影響で11試合の出場に留まりました。もう31歳でベテランの領域に入ってきていますが、今季はケガなく1年通してユナイテッドの勝利に貢献してほしいですね。あと、もっと攻撃参加がみたい。また、期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました