ロッテ・二木選手 初開幕投手

プロ野球千葉ロッテの二木康太選手(鹿児島情報高卒)が、3/26(金)のソフトバンクとの開幕戦で先発することが発表されています。

ロッテ 二木、努力実り開幕投手に 【千葉魂】 
 石垣島キャンプ期間中の2月11日。ブルペンで投球練習を行っている二木康太投手はいつもと違う空気を感じた。捕手の真後ろで井口資仁監督が仁王立ちをしている。微動だにしない。視線も動かない。ただ一点。ブル ...

二木選手は昨年から背番号18を背負い、序盤はケガなどで出場がなかったものの、15試合で9勝3敗、防御率3・40の成績を残し、優勝争いの戦力となっていました。

ソフトバンク戦は4試合で3勝0敗、防御率3・20とホークスキラーで、相性が良さそうです。

高卒8年目で初の大役を手にしました。

18 二木 康太 選手名鑑2021|千葉ロッテマリーンズ
千葉ロッテマリーンズのオフィシャルサイトです。

二木選手は中学の頃から注目されていて、鹿児島情報高校に進学したときに二木選手がいるからと多くの有望選手が集まりました。

高3のときは、鹿児島情報高校は優勝候補でしたが、ベスト4で樟南に敗れ、初の甲子園出場はなりませんでした。

しかし、その頃から伸びのあるストレートは武器で、千葉ロッテからドラフト6位で指名されます。

二桁勝利はまだないものの、安定感はあり、若手のホープとして常に期待されていました。

ようやくつかんだ開幕投手。

相手は昨季2冠の石川柊太投手ですが、粘ってチームに勝利をもたらしてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました