鹿児島レブナイズ 2021-22シーズン初勝利

バスケットボールB3リーグで鹿児島レブナイズは今シーズン初勝利をあげました。

なんと、豊田合成スコーピオンズ相手に2連勝です。

さらに、1試合目は100点ゲーム。

やはり得点力が向上していることが大きいですね。

昨季は、接戦で力が拮抗していたように思いますが、今回は大差をつけて勝利しました。

見事です。

豊田合成戦の結果は、こちらです。

VS豊田合成スコーピオンズ
10/9 第1戦 101-69
10/10 第2戦 89-66

今節は、前節の開幕戦と逆にいずれも20点差以上をつけました。

2試合とも第1クオーターから点差をつけて、スタートダッシュを決めました。

第1試合は27-10、第2試合は24-8でした。

特に第1戦は第3クオーターまでは、互角の勝負をしていましたので、最後力尽きてしまいもったいなかったです。

開幕戦での手応えは嘘ではありませんでしたね。

スタメン

第1戦
PG高橋、SFジュニア、SF藤田、PF武藤、Cカニンガム

第2戦
PG高橋、SFジュニア、SF藤田、PF武藤、Cカニンガム

スタメンは第1戦と第2戦同じでした。

最多得点者は、第1戦がPFのビショップ選手で29得点、第2戦もPFのビショップ選手で19得点でした。

ビショップ選手の得点力が凄まじいです。

同じポジションで、同じくらいの時間出場している武藤選手が2試合で9得点ですから、いかに得点力があるかが分かります。

ビショップ選手は203cmのパワーフォワードで24歳です。

若くて、高くて、頼もしいです。

次戦は、10/16・17にまたもアウェーでトライフープ岡山戦です。

勝率を5分に戻しました。

ここからさらに勝って、上位につけましょう!

スケジュール | 鹿児島レブナイズ
B.LEAGUE所属のプロバスケットボールチーム、鹿児島レブナイズの公式サイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました