鹿児島出身2人が指名! 2021年ドラフト

2021年10月11日にプロ野球ドラフト会議があり、鹿児島県出身の選手は阪神2位指名で鈴木勇人選手(創価大)楽天4位指名で秦勝利選手(神村学園高)の2人が指名されました!

おめでとうございます!

今回は2人選手についてそれぞれ紹介したいと思います。

鈴木勇人選手

日置市出身で、鹿屋中央高校に進学し、2年秋からエースで、3年次には県大会ベスト4でした。

最速152kmの本格派左腕のため、どこの球団も欲しいタイプの選手ですよね。

得意な球種はスライダーで、創価大では3年生春まではリリーフとして3試合のみの登板ですが、8イニングを無失点に抑えており、秋季リーグからは先発としてチームを牽引し、4勝、防御率1.72という成績でチームの優勝に貢献しています。

さらに、MVP、最多勝利、最優秀投手賞、ベストナインに輝きました。

高校時代も3年生夏の選手権予選では、準々決勝の鹿児島城西高を相手に8奪三振の完封勝利をしています。

当時からポテンシャルは凄かったんでしょうね。

こちらの記事では、選手のピッチング動画や、特徴、スカウト評まで載っています。

【ドラフト】鈴木勇斗(創価大)の成績・経歴・特徴
ドラフト候補 峯村貴希(みねむら たかき)【日大】。身長187cmの恵まれた体格が魅力の三拍子揃った遊撃手。そんな峯村貴希の経歴、成績、特徴、スカウト評価を見ていきましょう。ドラフト候補 峯村貴希が知りたいならここをチェック!

プロでは即戦力として、新人王を狙ってほしいですね。

秦勝利選手

神村学園高校のエース左腕です。

2年秋の九州大会は準々決勝の大分・明豊高戦で序盤は良かったのですが、突如制球が乱れ出して8回1/3を投げて7奪三振しましたが8与四死球6失点で敗れてしまい惜しくも甲子園出場とはなりませんでした。

鹿児島県出身の明豊高・太田選手との投げ合いも見応えがありました

神村学園高は、7回まで4点リードしていました。

このときの春の選抜で、明豊高校は準優勝していますので、本当に惜しかったですよね。

3年夏の大会でも県大会の準決勝鹿実高戦でまたも終盤を打ち込まれ、9回 1/3を9与四死球で9失点となり、逆転負けを喫しました。

しかし、この試合ではなんと150kmを記録。

ポテンシャルの高さが魅力的な選手です。

というのも、秦選手は奄美大島の瀬戸内町出身なのですが、阿木名中学校に野球部がなく、両親や姉と練習していたそうです。

まさにリアル巨人の星。

姉が神村学園高の女子野球部に所属していた縁で、自身も神村学園高に進学します。

入学当初は、そんなに目立つ選手ではなかったと監督も言っており、そこから本人の努力によってエースになりプロから指名されるまで成長しました。

もしかしたら逆に中学時代に基礎的な練習を積んでいたのが良かったのかもしれませんね。

まだまだ伸び代のある選手で、これからの成長にも期待できるところが大きな魅力ですね。

秦選手の明豊高戦の動画など、特徴についてこちらの記事で詳しく載っています。

【ドラフト】秦勝利(神村学園)の成績・経歴・特徴
ドラフト候補 秦勝利(たい かつとし)【神村学園】。最速150km/hのノビのあるストレートが魅力の本格派左腕。。そんな秦勝利の経歴、成績、特徴、スカウト評価を見ていきましょう。ドラフト候補 秦勝利が知りたいならここをチェック!

正直、個人的には育成での指名かなと思っていましたが、本人も「こんなに早く呼ばれるとは」と驚いているように、4位指名は大きな期待の表れですね。

奄美大島から仙台という遠く寒い地にいきますが、あせらずに数年後に1軍でプレーしている姿を楽しみにしています。

他にも鹿児島城西高校の乗田選手など期待はしていましたが、今回は指名がありませんでした。

どんな形であれ、将来指名されるようにまた頑張ってほしいなと感じます。

また、鈴木選手と秦選手、プロで活躍ができるよう頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました